HIFU
ウルトラフォーマー MPT

ウルトラフォーマー MPT(HIFU)

ウルトラフォーマー MPT は HIFU(高密度焦点式超音波)を利用した美容医療マシンです。
韓国の CLASSYS 社が開発したウルトラフォーマーⅢの後継機となり、より少ない痛みで高いリフト効果を発揮します。

たるみの原因となる真皮浅層、真皮深層、筋膜へピンポイントに熱エネルギーを加え、顔全体のリフトアップやシワの改善、あご下のたるみ改善に効果があります。

NEW

HIFU とは

HIFU(ハイフ)とは、High Intensity Focused Ultrasound の頭文字をとったものです。肌の表面を傷つけることなく超音波による熱エネルギーを皮下へ届ける照射治療です。短時間で肌のリフトアップやしわ・たるみの改善、引き締め等の効果が期待でき「切らないリフトアップ」として人気があります。

HIFU たるみ改善の仕組み

皮膚の深い部分である真皮層、皮下組織、筋膜に 65 ~ 75℃の熱エネルギーを照射するとコラーゲン(組織)がギュッと縮み始めます。
縮んだコラーゲンを回復しようと自然治癒力が働き新しいコラーゲンが生み出されます。大量にコラーゲンが生成され新しい組織に置き換わることで肌のハリ・引き締め、しわ・たるみが改善されます。

ウルトラフォーマー MPT の特徴

進化した 2 つの照射モード

熱エネルギーを照射する方法として従来のドットモードのほか、新しく MP モードが追加されました。
ドットモードでは熱エネルギーをドット状(点状)に照射し、コラーゲンの生成を促して肌を引き締めます。MP モードでは線状に照射でき、高密度に熱エネルギーを蓄積することができます。

最新技術で痛みは少なく効果は最大に

そのためドットモードより一度に広範囲に照射できるため治療時間が大幅に短縮でき、痛みや熱感を抑えた治療を行えます。

ペン型ハイフアタッチメント

ウルトラフォーマー MPT から新たに搭載されたペン型のハイフ照射カートリッジです。
ペン型のハイフ照射カートリッジではサークル状に照射が可能で、真皮層の奥深くまで高密度のエネルギーを届けることができます。
また美白・美肌ジェルを超音波振動により浸透させる超音波導入(ハイフシャワー)として、たるみや引き締めの治療をしながら美白・肌質改善も行えます。

引締め効果
小顔効果
美肌効果

こんな方におすすめ

◆ お顔やあごのタルミを改善したい
◆ 切らずにリフトアップしたい
◆ 部分的に余分な脂肪を減らしたい
◆ ほうれい線やマリオネットラインが気になる
◆ 長期間効果を持続させたい
◆ 同時にハリや美肌効果がほしい

料金表(ウルトラフォーマー MPT)

HIFU 全顔 ¥77,000
※Dr. 施術追加料金 + ¥55,000
HIFU シャワー 全顔¥22,000
 2ヶ月以内 20% オフ
HIFU ブースター 全顔¥22,000

ボルニューマーとセットで施術することでさらに効果が期待できます

料金表(ウルトラフォーマー MPT× ボルニューマー)

HIFU × ボルニューマー 全顔特別セット価格 ¥165,000

CASE

Screenshot
Screenshot

※左:施術前、右:肝斑トーニング施術後。効果には個人差があります。

Screenshot
Screenshot

※左:施術前、右:そばかすトーニング施術後。効果には個人差があります。

こちらから様々なビフォアフやキャンペーン情報をご覧いただけます。

ウルトラフォーマー MPT

効果

治療後は肌のターンオーバーが促進され、 新生コラーゲン細胞の構築が行われます。また施術直後から引締め効果を感じる方が多いですが、一般的に3週間~1ヶ月で効果が最大に現れます。程度効果の見え方には個人差があり、改善がわかりにくい場合もあります。

治療間隔

・全顔 (4.5mm、3.0mm、2.0mm または 1.5mm) : 3 ヵ月以降
・HIFU シャワー (2.0mm または 1.5mm) : 1 ヵ月以降
・HIFU ブースター : 1 ヵ月以降

ダウンタイム

すべての症状が生じるわけではございません。
・紅斑・浮腫 数時間 ~ 数日で治まります。
・鈍痛 : 数日 ~1 週間で治まります。
・内出血 ( 経時的な点状出血を含む ): 3 週間程で治まります。
・ミミズ腫れ : 1 週間 ~2 週間で治まります。
・痺れ : 数日 ~ 数週間ほどで治まります。

注意事項

・照射後に強い刺激を与えると炎症が促進され、強い反応が発生する可能性があります。また数日間は刺激の強い化粧品や洗顔料はできる限り避けるもしくは医師に相談してご使用ください。
・紫外線によるダメージなど日焼けには十分注意し対策を行ってください。
・他レーザーや注入治療を受けられる場合は 2 週間程度あけてから治療を受けることをおすすめ致しますが詳しくはレーザーを受けられる病院にお問い合わせください。
・妊娠中、または妊娠の可能性のある方、 授乳中の方、ケロイド体質の方治療部位に感染症や重度の皮膚疾患がある方は治療を受けることができません。
・その他疾患や持病をお持ちの方は治療が受けられない場合がありますので事前にご相談ください。

おともだち登録いただくと LINE トーク
からお問い合わせいただけます